Subscribe to RSS feed

株式会社 蒜山地質年代学研究所

地質技術 創刊準備号No. 0

蒜山地質年代学研究所創立10周年記念特集

 蒜山地質年代学研究所は2005年1月を以て創立10周年を迎えることができました.この節目の年を記念して,研究報告誌「地質技術(英文名: Engineering Geology of Japan)」の発行を企画し,2006年9月,創刊準備号(No.0)を上梓する運びとなりました.「地質技術」は,地質に関するあらゆる技術の向上に資することを目的としており,単に研究所内の研究報告の場としてだけでなく,所外の研究者や技術者の方々に広く開放するものであります.研究報告誌の発行は,研究所設立時から抱き続けていた夢であり,定款にも記載されているテーマの一つでもあります.
「地質技術」創刊準備号は,創刊号のパイロット版として位置づけられ,内容の企画から執筆依頼,編集,印刷,発行,そして販売に至る基礎資料を収集する貴重なテストケースでもあります.本号には,蒜山地質年代学研究所創立10周年記念特集と銘打ち,研究所の過去10年間の足跡を記録するとともに,所員が現在取り組んでいる業務や研究の成果をまとめています.また,研究所と縁の深い研究者や技術者の方々からはそれぞれの専門にちなんだ話題を提供していただきました.

蒜山地質年代学研究所10年間のあゆみ


地質年代小委員会の過去40年間の総括と今後の展望


熱水変質岩からのK-Ar年代測定用鉱物の分離法


K-Ar年代測定のための鉱物分離マニュアル


レーザー加熱による40Ar/39Ar法:拡散実験とアイソクロン分析


40Ar/39Ar年代測定の紹介と最近の応用例


石英中の酸素空孔に関連したESR信号の古環境変動研究への応用


カソードルミネッセンスの地球科学への応用


青色片岩からローソン石エクロジャイトへ


中国大陸における温泉開発


中国東北部、大連市金石灘の地質


第三紀神戸層群凝灰岩の強度低下と遅れ破壊の関係


兵庫県豊岡市で発生した2004年台風23号による土砂災害


子どもと地域社会のために地質技術者は何ができるか?


兵庫県北部における微小群発地震の特徴


 △クリックするとPDFファイルを表示できます

   

研究報告誌「地質技術」は、地質学に携わる研究者および技術者の方々からの投稿を受け付けております。
編集方針と原稿の書き方はこちら

Back to top研究報告誌へ

 
Hiruzen Institute for Geology & Chronology All right reserved, Copyright (C) 2003-2009 Hiruzen Institute for Geology & Chronology