Subscribe to RSS feed

株式会社 蒜山地質年代学研究所

地質技術 創刊号No. 1

より高精度高確度の放射年代測定を目指して

 研究報告誌「地質技術」の記念すべき創刊号の研究対象は,蒜山地質年代学研究所の創業時からの主力業務であ る「放射年代測定」としました.放射年代測定は,それぞれの原理が提案されてから現在に至るまで常に発想と工 夫によって手法としての進歩を重ね,高精度化と高確度化を実現してきました.本創刊号では放射年代測定の現 状を知るために,「より高精度高確度の放射年代測定を目指して」をテーマとして掲げ,ルミネッセンス法(TL, OSL),アルゴン- アルゴン法(40Ar/39Ar)および カリウム- アルゴン法(K-Ar)をターゲットとして,その精 度と確度の向上にチャレンジした4 編の論文を掲載しました.

ルミネッセンス年代測定を開始するための心得―日本における年代研究の現状―


神戸層群北畑凝灰岩に含まれる軽石中の黒雲母の40Ar/39Ar年代測定


若い火山岩の高確度年代測定―K-Ar感度法―


塩酸処理による主要鉱物のK-Ar年代への影響


地質データベース作成企画[岩石図鑑] No.1 万成花崗岩


 △クリックするとPDFファイルを表示できます

   

研究報告誌「地質技術」は、地質学に携わる研究者および技術者の方々からの投稿を受け付けております。
編集方針と原稿の書き方はこちら

Back to top研究報告誌へ

 
Hiruzen Institute for Geology & Chronology All right reserved, Copyright (C) 2003-2009 Hiruzen Institute for Geology & Chronology