前処理(鉱物分離)

年代測定を行う上では,岩石中から対象となる鉱物を抽出する作業,すなわち「鉱物分離」が必要となります。当社で行っている分析の場合には,分離済みの鉱物としておよそ0.5~5g程度の量が必要となります。鉱物分離のための岩石試料は通常300g~5kg程度必要ですが,岩石中の含有量等により変わります。