掘れば出るという迷信の流布
掘削ありきの開発計画
→過剰な掘削深度の設定
→過剰なメンテナンス費用
費用縮減で地質調査を省略する愚行
→湧出してもどこに胚胎していたのか分からない
→貴重な地質試料の廃棄
→次回(2号井や近隣で)の新たな開発につながらない
地表踏査を省き、物理探査だけを実施する愚行
→地下構造は分からない
* 地質調査の無い温泉開発計画は「山師」と同じ
* 調査を省くのは、調査能力の無い証拠
* 事前の地質調査によって開発のリスクを軽減できる