カンパニーポリシー

 時空を探求する研究所です.

蒜山地質年代学研究所は,2016年度より管理部,事業部,地質技術センターの3部門制に移行しました。事業部は,「地質調査室」,「化学分析室」,「年代測定室」の3つの専門から構成され,それらが連携して多種多様な課題に対応しています。
「地質調査室」は防災対策,建設工事,資源開発などを対象とした調査および点検業務において数多くの実績を有しています。「年代測定室」は岩石鉱物の放射年代測定を行い,地質学と年代学を繋ぐ岩石鉱物の鑑定や地球化学を担当する「化学分析室」と共に,創業以来絶えること無く,国内外の研究者や技術者へデータを提供しています。
また,私たちは「地質技術センター」を中心として常に新しい調査方法の開発や学術研究にもチャレンジしており,その成果を研究報告誌に公表しています。
私たちはこれからも地質学関連の研究者および技術者の方々に洗練されたデータを提供できるよう,最新の研究成果に学ぶことを忘れずに,地質学の普及と発展に貢献してまいります。